カテゴリー
未分類

刺激は脳やカラダを若返らせてくれる

テレビを見るのは適当にして極力外出するようにしています。

自らどんどん外に出て行かないと歳をとってしまうからです。

自宅にこもっていてもつまらないですからね。

間違いなく安全ですよね。

だけど、安全なところばかりに居たら刺激を受けられません。

刺激は脳やカラダを若返らせてくれます。

刺激がない毎日を繰り返しているとふと気づいたとき自分が老けたようになり驚きます。

いつも同じ生活をしているとそんな事が起こりやすくなります。

いつも決まった仕事をして同じ様に会社を出て決まった道で家に戻る…という事を繰り返していると老けていくのが早いです。

時にはいつもと違う仕事をしたり家に帰る途中で発見した店に寄ってみるとか、刺激を受ける何かをするのも大事だと思います。

そうしたことが美容にも繋がってくるので、極力外に出かけてこれまで知らなかった事に目を向けるようにしています。

簡単な事ですが効果はちゃんとあるんですよ。

わたしは綺麗な肌だねといつも褒められます。

あたし自身、自慢のお肌だと言えると思います。

からだも顔もきれいな肌だと思いますが、できるだけのことはやっています。

それはメイク落としと洗顔・入浴後素早く保湿することをいつでも必ずするということです。

たったこれだけのこれは努力とは言わないとツッコまれそうですが、忘れずにするというのは意外と大変なことですし、あたしは実際にこのくらいのことしかしていません。

ですが、これを日課にして12年ほど毎日やっています。

飲み会で帰りがどんなに遅くとも絶対に化粧をおとしてから寝ます。

夜通し飲み歩いて次の日そのまま職場に行っても一旦きちんとメイクを落とした後に最初からメイクをします。

それと洗顔後は数分以内にローションなどできっちり保湿します。

からだの方はお風呂の後、これも数分以内にボディミルクを塗り込みます。

高価なものではありませんが、安価なものでも毎日使い続ければ美肌を目指せます。

帰りが遅かったから化粧落としをやらないでしまったり、洗顔・入浴後に時間が経ってから保湿のお手入れをしている人は大勢いるでしょう。

だけど、そのたった一日のために一気に肌荒れに直結してしまいます。

毎日欠かさないことで簡単にきれいに肌になれるんです。

私が、美容のために気を付けている事について書いていきたいと思います。

わたしが自身で美容に関して気を付けているのは夜の十時には眠ることです。

十時に寝る事でお肌をいいコンディションでキープする事ができるので、お肌の調子を崩したことはそれほどありません。

そして、吹き出物はときどきできたりするのですけど、たくさん寝ているので、2~3日もすれば治ってくれます。

ですので、夜十時位までには寝たほうが良いと最近気が付きました。

そして、ほかにしている事は、フルーツを沢山食べるようにしています。

わたしは、昔は果物が好きではありませんでした。

だけど、果物には栄養がいっぱい詰まっています。

しかも、おいしいと思うようになりちょっと前からいっぱいいただくようにしたのです。

そうすると、肌持ちが良いですし、体の内側から綺麗になったような感じがするので気持ちも明るくなりとても嬉しいです。

これが美容においてガンバっている事です。

美容に関することの参考になると嬉しいです。

自分自身が美容でガンバっている事保湿する事です。

日本はシーズンがあるので年間を通して湿度・温度・天気が違うのです。

そのためお肌もその時々で様子が変わってくるので十分な保湿を心がけています。

入浴後と朝の洗顔のあとは保湿するようにしています。

まず初めに化粧水をつけて、次に私が気に入っている保湿液を塗ります。

以前はちょっと高いクリームを使っていましたが、貧乏性なのか、もったいないと思い薄く塗る程度にしていました。

その結果クリームでケアしているのにも関わらず対してお肌の具合に変化はありませんでした。

そんな訳で結構安めの保湿クリームに変えてけちけちせずたくさん塗ってみたら、極上の保湿力でモッチモチのお肌になれたのです。

保湿用クリームは高くても安くても惜しげなくたっぷり使うことがポイントだという事が分かりました。

この行程を踏むとメイクのノリが全く変わってきます。

化粧の出来映えがとってもキレイにできるのです。

そして私はベースとしてクリームをつけてからUVカットのクリームを塗っておしろいをはたくだけで化粧下地は終わりですが、ファンデーションを塗らなくてもキレイな肌と褒められることが多くなりました。

肌には保湿が一番大事なのだと知りました。

太陽の光を直接受けないように用心しています。

天気のいい日は当然ですが、曇っている日も紫外線は降り注いでいるので、必ずUVカット対策をします。

室内なら大丈夫というわけでもないんですよね。

窓を通して入ってくる紫外線も肌に十分刺激を与えてしまうし、ベランダに出る少しの時間でさえもお肌にとっては危険なのです。

必ず朝のスキンケアの最後には日焼け止めジェルをつけることを決まり事にしています。

塗り忘れることもありませんし、今はUVカット効果のあるベースやパウダーなども売っているので使っています。

直射日光に当たると肌は刺激を受けてメラニンを生成します。

そのメラニン色素が生まれた状態で更に紫外線に当たると、メラニンが活性化されて皮膚の色が変わってシミを作ります。

新陳代謝が衰えていなければシミを作ることはないのですが、やっぱりこのシミの材料を排除するのがカンタンな解決法ですよね。

けれど陽ざしを浴びないと体内に必要なビタミンDが作られないので、一切浴びないのではなく、紫外線対策をしっかりしたうえで太陽光を浴びましょう。

なのでUVカット対策はきちんとします。

小まめな塗り直しも忘れません。

日焼け止めスプレーや日焼け止めシートなら、体の広い範囲も簡単につけられるので重宝します。